オープンキャンパス開催レポートを公開中!

移動に関する注意喚起

2020.11.14

2020年11月14日

学生・保護者・教職員の皆さま

移動に関する注意喚起

宮城学院女子大学  副学長(新型コロナウイルス対策担当)
正木恭介

6月19日の政府の方針を受け、本学において、国内の旅行・帰省、国内出張等、県境をまたぐ移動の自粛を解除しましたが、国内外の感染状況は好ましい方向に向かっていません。

現在の本学活動制限指針レベル0.5において、感染例が多数報告され、深刻な状況にある感染地域(人口100万人あたりの1週間の新規感染者数が100人を超える地域)への教員の出張は許可をしていません。出張先の感染状況は必ず確認するようお願いします。職員の出張も同様に扱います。

学生、教職員とも、移動先の感染状況を把握し、感染多発地域に接近することを避けるなど、十分に注意した慎重な活動を心がけてください。

自身の健康維持、地域社会の保健、私たちのキャンパスにおける活動の維持にご協力ください。

 

トップへ