オープンキャンパス開催レポートを公開中!

大学院の「おやつ」に関する調査研究が河北新報等に取り上げられました

2014.06.11

本調査は、2013年6月、本学大学院 健康栄養学研究科長 平本福子教授と、同研究科2年(当時)の高橋比呂映さんの研究グループが行いました。内容は、放課後に小学生を預かる宮城県内の学童保育施設に対して、「児童に対して、誰が・どれぐらいの頻度で・どんな種類のおやつを提供しているか」等をアンケートした調査です。6/5(木)河北新報やYahoo! ニュース等で、調査内容が掲載されました。

調査は、以下のような結果が出ました。(記事として取り上げられていた内容の一部

仙台市内の施設は市外施設に比べて、「おやつを毎日提供している割合が半分以下である」・「おやつを各家庭に任せている割合が高い」という特徴があることが取り上げられていました。

※ 詳しい調査データは以下で見ることができます。
/www.mgu.ac.jp/main/library/publication/seikatsu/no46/seikatsu46_07.pdf
/www.mgu.ac.jp/main/library/publication/seikatsu/no46/seikatsu46_07a.pdf

プレスメディア トップへ

プレス メディアの記事