オープンキャンパス開催レポートを公開中!

平川新学長の記事が、読売新聞に掲載されました

2014.09.11

9月10日付けの読売新聞に、本学の平川新 学長の記事が掲載されました。内容は、江戸時代、多くの庶民が武芸に熱中していたという実態が明らかになってきたというもの。
豊臣秀吉の刀狩り以降、庶民は刀を持てなかったという印象がありますが、刀を所持し、武士をしのぐほどの腕前の庶民剣士も多かったそうです。

平川学長は、紙面で「普通の庶民が算術と同じように“素養”として、武芸に取り組んでいたのではないか」と語っています。

プレスメディア トップへ

プレス メディアの記事