オープンキャンパス開催レポートを公開中!

日本文学科 深澤昌夫教授の記事が、朝日新聞に掲載されました

2014.09.30

9月30日付けの朝日新聞に、本学の深澤昌夫教授(日本文学科)の記事が掲載されました。内容は、現在 人形浄瑠璃文楽が転機を迎えているというもの。人間国宝の太夫、竹本住大夫と竹本源大夫が今年相次いで引退し、新たな興行の「顔」そして観客の育成が課題であるとしています。

深澤教授は「文楽は大阪では娯楽、東京では教養として見られ、演目選びも異なってきた。最近は大阪でも、(文楽に)距離を感じる層が増えてきているのではないか」と語っています。

プレスメディア トップへ

プレス メディアの記事